トップ > 民事訴訟での手続き

民事訴訟での手続き

離婚の原因を作ったほうが、相手方に慰謝料を支払う義務があるにも拘らず、 支払いが為されなかった場合には、一般民事事件として簡易裁判所や地方裁判所に 損害賠償請求訴訟を起こすことが可能です。
この場合は他の請求と異なり、家庭裁判所での調停を経る必要はありません。
又不貞行為が離婚原因の場合には相手方だけではなく不倫相手にも損害賠償請求を行うことが可能です。

まずは内容証明郵便で請求

当方で文案を作成し、相手方にな内容証明郵便をお送ります。
内容証明だけで事件が解決する場合もございます。

裁判所に訴え提起

内容証明で解決しない場合、いよいよ裁判手続きに移行します。
請求額によって簡易裁判所(140万円以下)、地方裁判所に 訴訟を起こすことになります。
当方の関与の仕方は次のとおりになります。

140万円以下であれば簡易裁判所へ訴訟提起
代理人として執務
140万円超であれば地方裁判所へ訴訟提起
訴状、準備書面の作成を通して
本人訴訟のサポート
当事務所費用

養育費が支払われない場合

公正証書や調停調書がある場合には相手の財産を差し押さえることが可能です。
預貯金や給料を差し押さえる場合が多いです。

 ● 離婚に関する各種手続きを行えるのは弁護士だけだと思っていませんか?

離婚に関する手続を司法書士に依頼するメリットとは?
お問い合わせフォームへ
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
  • 離婚の勉強部屋
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。