トップ司法書士ができること > 離婚協議書の作成手続き

離婚協議書の作成手続き

離婚の際に双方で取り決めたことを口約束にしておくと実行されなかった時に困ります。
合意内容は必ず文書にしておきましょう。
そして文書する場合は、必ず法的効力のある公正証書詳細はこちらにしておきましょう。
公正証書にしておくと、万が一養育費の不払い等があった場合などに差し押さえが可能になります。


1、離婚協議書の主な記載内容

(1)離婚を合意した旨の記載
(2)財産分与
(3)親権者及び監護権者の指定
(4)養育費
(5)面接交渉権
(6)慰謝料
(7)年金分割
(8)強制執行認諾条


2、各条項の説明

(1)離婚を合意した旨の記載

離婚協議が整った日、離婚届の提出日などを記載します。

(2)財産分与

財産分与とは、婚姻期間中に夫婦が共同で形成した財産を夫婦それぞれに分けることをいいます。離婚協議書では、財産分与の対象となる財産を特定し、夫婦のどちらの固有財産とするかを記載します。
預貯金など金銭化できるものは簡便に処理できますが、不動産の名義変更は所有権移転登記を法務局に申請する必要があります。
特に住宅ローンがついている物件は銀行などの同意が要件となる場合が多く注意が必要です。

(3)親権者及び監護権者の指定

未成年の子供がいる場合には、離婚後に父親、母親の何れが親権者及び監護権者になるかを決めなければなりません。子供が幼少の場合母親が両方になることが多いですが、親権者を父親、監護権者を母親とする例もあります。

(4)養育費

養育費とは、子どもを育てるのに必要な費用のことで、子供を養育しない他方の親が支払う義務があります。親権の有無とは関係ありません。
養育費には、衣食住に必要な費用のほか教育費、医療費、娯楽費、交通費など子どもが自立するまでにかかる費用が含まれます。
①養育費を支払うか否か②支払う場合の金額③いつからいつまで養育費を支払うか④支払い方法などを記載します。

(5)面会交流権

面会交流とは,離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うことです。①面会交流の可否 ②その方法,回数,③日時,場所について記載します。

(6)慰謝料

慰謝料とは、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償をいいます。離婚の場合の慰謝料は、離婚原因である有責行為(不貞、暴力など)をした者に対する損害賠償請求がそれに該当します。
離婚協議書では、金額、支払方法を記載することになります。
尚、慰謝料の金額というのは、極めて個別的なもので、明確な基準が定められているわけではありません。又現実の慰謝料の支払いは、財産分与と合算する場合が多く、普通のサラリーマンで、財産分与と慰謝料を合わせて200万から500万円が最も多いといわれています。

(7)年金分割

年金分割とは、婚姻期間中の標準給与の月額等(掛金の算定基礎となる標準給与の月額と標準賞与の額をいいます)を当事者間で分割する制度です。よく誤解されている様に年金そのものを分割するものではありません。 原則的に離婚をしたときから2年以内に請求しなければなりません。

(8)強制執行認諾条項

強制執行認諾条項とは、金銭の支払い義務がある者が支払いを怠った場合には、ただちに強制執行を受けることを了承するという文言です。公正証書を作成する場合には絶対に必要な条項で、この条項を入れるために公正証書にすると言っても過言ではありません。
私文書の場合には、支払意思を明確にするという効果があります。

離婚協議書の文例)

甲野一郎を甲、妻甲野花子を乙とし、両名は今回協議の上離婚することを合意し、その届出にあたって次のとおり契約した。


第1条 甲乙間の未成年の子A子(平成〇年〇月〇日生 以下丙という)の親権者及び監護権者を乙と定める。

第2条 甲は乙に対し、丙の養育費として平成〇年〇月から丙が20歳に達する日の属する月まで、毎月〇万円ずつ末日限り乙の指定する銀行口座に振り込んで支払う。 

第3条 乙が丙の病気その他の事由により、丙のため特別の出費をしたときは、甲は乙の請求により、その費用を直ちに支払う。

第4条 乙は甲が望んだ時は何時でも丙と面会交渉することを認める。面接交渉の具体的な日時、場所、方法については、子の福祉に慎重に配慮し、甲乙が事前に協議して決める。

第5条  甲及び乙は、互いに相手方に対し慰謝料を請求しない。

第6条  甲は乙に対し本件離婚に対する財産分与として下記の不動産を譲渡し、平成〇1年〇月〇日までに乙のために所有権移転登記をする。

不動産の表示

第7条 甲は、第2条及記載の金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服するものとする。

第8条 甲及び乙は、以後相手方に対し、本契約書記載以外の金銭的要求その他相手方の迷惑となるような一切の行為をしないことを相互に誓約する。


平成〇年〇月〇日


(住所) 大阪府大阪市○○区〇〇町〇丁目〇番〇号
(氏名) 甲 野 一 郎      印


(住所) 大阪府大阪市○○区〇〇町〇丁目〇番〇号
(氏名) 甲 野 花 子      印


 ● 離婚に関する各種手続きを行えるのは弁護士だけだと思っていませんか?

離婚に関する手続を司法書士に依頼するメリットとは?
お問い合わせフォームへ
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
  • 離婚の勉強部屋
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。