トップ離婚届を出す前に > 戸籍の問題

戸籍の問題

離婚すると、氏の変更など戸籍上の手続きが必要になる場合もあります。
妻が婚姻中の姓で長年仕事をしていた場合など、離婚後もそのまま婚姻中の姓を使いたい場合や、子供の戸籍や姓をどうするかなどの問題があります。

親の戸籍について

婚姻によって、姓を変え、夫(妻)の姓になった場合には離婚すると自動的に戸籍が婚姻前の戸籍に
戻るため、これに伴って姓も婚姻前のものに戻ってしまいます。しかし自身婚姻中の姓で長年仕事を
していた場合などには姓が変わるのが困る場合もあります。このよう場合には離婚後に「離婚の際に
称していた氏を称する届け出」を本籍地もしくは住所地の市区町村役場にして、婚姻中の氏で新しい
戸籍を作ることにより婚姻中の姓を名乗ることができます。但しこの届出の提出は離婚後3ヶ月以内
に限られるので注意が必要です。

離婚後の姓の選択は3つあります。
① 旧姓に戻り、離婚前の親の戸籍に入る。
② 旧姓に戻り、新しく自分を筆頭者にした戸籍を作る。
③ 離婚後の姓を名乗り、新しく自分を筆頭者にした戸籍を作る(3ヶ月以内に提出が必要)。

子供の戸籍について

親が離婚しても子どもの姓は変わりません。すなわち両親が婚姻中に名乗っていた姓をそのまま名
乗ることになります。
これでは、親権者、監護権者である母親が子どもと生活をともにしている場合に、離婚により旧姓に
戻った母親と子どもの姓が異なることになり不都合に感じることがあります。

このような場合には、裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てをしてこどもの姓を母親と同じ姓に
変更し、母親の戸籍に入れることができます。
家庭裁判所での手続きのページへ

 ● 離婚に関する各種手続きを行えるのは弁護士だけだと思っていませんか?

離婚に関する手続を司法書士に依頼するメリットとは?
お問い合わせフォームへ
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
  • 離婚の勉強部屋
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。