トップ > よくある質問

よくある質問

当事務所によく寄せられるご相談を挙げました。わからないことがある場合は、ここで探してみてください。ここに記載していないことでわからないことは、直接お問い合わせフォームよりお問い合わせいただくか、お電話にてお聞き下さい。

  • お金に関するご相談
  • お金に関するご相談子どもに関するご相談

お金に関するご相談

  • 離婚後もこのまま子供と自宅のマンションに住みたいが、
    ローンを夫に払ってもらうことはできますか?
  • 原則的にローンの返済名義の方が支払うことになります。
  • 婿養子ですが、離婚すれば妻の親の財産を相続する権利がなくなるのですか?
  • 親と養子縁組を解消しなければ相続できます。
  • 現在、離婚協議中ですが、夫が自分名義の自宅を売却しようとしているので、
    阻止したいのですが?
  • 家庭裁判所に保全処分の申立をする必要があります。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • 結婚前に夫が親から贈与してもらった不動産は財産分与の対象になりますか?
  • 不動産が夫の名義になっていても夫の固有財産となり、
    財産分与の対象にはなりません。
  • 協議離婚が成立して、婚姻中住んでいた住宅を夫から譲り受けた場合の
    税金はどうなるのですか?
  • 不動産譲渡税は、譲渡した夫が負担することになりますが、不動産取得税や登録免許税は、本来不動産を譲り受けた妻が負担することになります。
    しかし、「不動産取得税と登録免許税を夫が負担する」旨の合意書などを作成しておけば、夫が負担することになります。
  • 離婚した際、妻から私の退職金と年金の支払いを請求されましたが、
    支払わなければなりませんか?
  • 退職金も年金も財産分与の対象になるので、支払う必要があります。
  • 離婚する意思が強かったため、財産も慰謝料もいらないという合意を
    してしまったのですが、改めて請求することはできますか?
  • 合意書や念書にサインしてしまえば、原則的には慰謝料や財産分与の請求は
    できなくなってしまいます。
  • 離婚した際に、夫から財産分与を受け取りましたが、
    新たに慰謝料を請求できますか?
  • 財産分与の額が慰謝料を含んでいないような少額であった場合には
    請求可能です。
  • 離婚した場合の年金分割の割合は、どうなるのですか?
  • 平成19年4月1日以降に離婚する際に配偶者が厚生年金の分割制度における按分割合を決める場合、夫婦の合意で決めるか、家庭裁判所で決めてもらいます。
    但し、按分割合を決める場合、一定の条件があるので最寄りの社会保険事務所に直接ご相談下さい。その上で、双方の話し合いを行ってください。

手続きなどについて詳しくは「年金分割の手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「年金分割の手続き」へ

  • 離婚後、妻の仕事が見つかるまでの生活費を援助しなければいけませんか?
  • 離婚の際に、十分な財産分与をしている場合や、離婚後の妻の貯蓄など経済状況・生活状況により援助が必要かどうか判断されることになります。
    まずは、双方の話し合いになりますが、これが無理なら家庭裁判所で調停を行うことになります。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • こっそり貯めていたへそくりが数百万になるのですが、
    離婚する際に財産分与の対象になりますか?
  • へそくりも夫婦の共有財産となり、財産分与の対象になると考えられます。

子どもに関するご相談

  • 毎月、養育費を払っていますが、元妻が再婚し、経済的に裕福な生活を
    しているにも関わらず、今後も養育費を支払い続ける必要があるのですか?
  • 元妻の経済状況が変わり生活に余裕がある場合には、当然支払い義務がなくなる訳ではありませんが、支払う必要がないと判断されることも考えられますので、双方の話し合いによって養育費の支払いを決め直すこともできます。もし話し合いが無理なら、家庭裁判所に調停の申立をして解決を図ることになります。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • 離婚後、養育費を払うことになっているのですが、失業してしまい
    支払えなくなりました。どうしたら良いでしょう?
  • 支払い義務については、双方の経済状況など事情変更が生じた場合には、支払いを猶予してもらうか、減額してもらうことができると考えられます。
    しかし、支払い義務がなくなる訳ではありません。
    双方の話し合いによって決めるか、話し合いが無理なら家庭裁判所に調停の申立をして解決を図ることになります。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • 父親は親権を取るのは難しいのですか?
  • 子供が幼いような場合、一般的に父親が親権者になることが難しいケースが多いように言われますが、必ずしも父親が親権者になれないということはありません。
    双方の話し合いで決めることが無理な場合は、家庭裁判所が子の年齢や両親の生活環境や家庭事情など諸般の事情を考慮して「子供の利益と福祉」ということを判断基準として決めることになります。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • 離婚の際、月に一度子供に会わせるという約束をしたのに、
    別れた妻が会わせようとしないのですが、何か手段はありますか?
  • 家庭裁判所に面接交渉の調停を申立ることができます。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

  • 夫が引き取った子供を虐待している場合、どうすればよいでしょうか?
  • 児童相談所へ連絡して、調査を依頼することと、家庭裁判所に親権者変更の
    申立を行うことができます。

手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ 手続きなどについて詳しくは「家庭裁判所での手続き」へ

 ● 離婚に関する各種手続きを行えるのは弁護士だけだと思っていませんか?

離婚に関する手続を司法書士に依頼するメリットとは?
お問い合わせフォームへ
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
  • 離婚の勉強部屋
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。